ウイルス禍で体を動かす機会が減る中、体力低下やけがの防止に役立ててほしいと、新潟市北区は、自宅でできるストレッチ動画を作成した=写真=。担当者は「体を動かすお手伝いになれば。運動習慣を維持してほしい」と呼び掛けている。


スポーツに親しんでもらう区づくり事業の一環。2021年度は各種競技で体験会や大会を実施してきたが、感染拡大の影響で市内の体育施設が使えず、運動不足やリモートワークで肩こりになる人などが多いため、初めて企画した。  撮影は豊栄総合体育館で1月27日に行い、肩や首、背中のストレッチ約10種類を収録した。協力した伊集院尊尚館長(60)は「今回のストレッチは、肩こりの予防や改善に効果がある。座ったままでもできるので、ぜひ継続してほしい」と語った。  動画は5分程度。動画投稿サイト「ユーチューブ」の「新潟シティチャンネル」で配信している。

                          (2022/02/03 新潟日報掲載)